目標を達成するための分析・プラン作成・エール

生徒の性格まで含めて把握する分析

EdTechは教育の方法を大きく変える、あるいは1つの有効な選択肢となるものです。ただし、講師と生徒という構図は変わりません。
勉强をする生徒は千差万別でそれぞれ個性を持っています。目標を達成するために、講師は生徒の性格まできちんと把握しなければなりません。それはオンライン家庭教師でも学校や塾での授業でもまったく変わらない点です。
バンザンのオンライン家庭教師は、生徒を把握するため分析という方法を採用しています。生徒の現状レベル、目標レベルはどの程度なのか、本人の性格や勉强に対するモチベーションをチェックするというものです。
オンライン家庭教師でも講師と生徒の間に信頼関係がなければ目標を達成するのはむずかしくなります。そのためバンザンは分析を行っているのです。

状況に応じた柔軟なプラン作成

生徒それぞれで状況は異なります。受験までの時間に余裕がある生徒もいれば、近くなって思うように結果が出ないため、なんとかレベルアップを図ろうとバンザンのオンライン家庭教師に依頼をしてくるなどさまざまです。
ただ、実際に勉强するのは生徒です。生徒の意欲が低ければ、バンザンではマンツーマンによる指導も提案しています。しかし、グループ指導と比較すると経済的な負担が大きくなることは否めません。
バンザンでは映像授業や過去問がある学習コンテンツ「スタディ・タウン」を開発しています。バンザンの講師陣による目的別、苦手分野の強化を目的とした映像授業です。オンライン家庭教師サービスなどと比較すると価格が低く抑えられているため利用しやすいサービスといえるでしょう。
バンザンでは、家庭の経済状況のことも踏まえたさまざまなプランを組んで目標達成をサポートする体制が整っているのです。

寄り添って心の支えになりエールを送り続ける

質の高い授業だとしても、単なる一方的な知識の伝達で終わるだけでは思うような結果が出ない場合があります。それは生徒の心を無視している点に問題があるのかもしれません。
生徒自身が全力を尽くしてテストに取り組んだとしても、思った以上の結果が出なければモチベーションは下がります。
日常で嫌なことがあれば、勉强に手が付かないことも珍しくありません。支えがないと受験までの期間や結果のプレッシャーにさらされ続けて心が折れてしまっても不思議ではないのです。
バンザンのオンライン家庭教師を利用した生徒に聞いたコミュニケーションに関するアンケートでは「オンラインの方がよい」と答えた生徒が40.0%、対面とほぼ変わらないと答えた生徒は51.4%にのぼりました。
「オンラインではコミュニケーションが取りづらく心まで支えるのはむずかしいのではないか?」という疑念を吹き飛ばす結果です。
バンザンはオンラインだとしても、結果が出るまで、心の支えになれるよう生徒にエールをかけ続けるのです。

Categories: 未分類