結果につながる理由は豊富な実績や講師陣の充実度

豊富な指導実績とプロの講師陣が指導

バンザンはEdTechによるオンライン家庭教師サービスの提供だけで注目されているわけではありません。オンライン家庭教師サービスをスタートする前から、通常の訪問家庭教師サービスで実績を積み重ねていたのです。
バンザンの設立年度は1995年、首都圏という受験激戦区でプロ家庭教師の派遣サービスからスタートしました。
それから20年以上経過した2020年現在、中学から大学、医大、理系や文系など幅広くカバーしています。
また、バンザンでは多くの講師が在籍しています。大学生のアルバイトではなく講師のプロを雇用しており、選択肢がたくさんあるのが特徴です。中には担当分野で勉強法などの書籍を出版している講師まで在籍しています。

生徒との相性もしっかりと考えたマッチング

「勉強を教えるだけだから、高学歴で実績があればいい」「オンラインで授業をするのだから講師の性格など関係ない」という考えもあります。
バンザンのオンライン家庭教師は、モニターを通じた授業です。しかし、教える講師と生徒という点では訪問家庭教師と変わりません。
授業で重要になるのは生徒が勉強に対してやる気を出すことです。モニターを通じたオンライン授業であっても講師と生徒の相性がよくなければ思うような結果は出ません。相性が悪いと授業内容がまったく耳に入らない、講師に信頼が持てず授業をさぼるなどの問題が出てくるからです。
バンザンでは、子供の性格や講師との相性、オンライン家庭教師の希望曜日や時間まで細かくヒアリングをした上でマッチングするシステムを採用しています。
相性がよければ授業への集中につながり、モチベーションアップも期待できるのです。

指導品質を高める多数の取り組みを実施

バンザンでは実績を出している講師の指導方法を全体で共有しています。「自分だけのテクニックだから他の講師には秘密にする」という体質にはなっていません。
バンザンという会社は、利益至上主義ではなく、顧客満足度を追求しています。そのため年齢や性別や在籍年数などに関係なく、結果を出せば公平に評価されるシステムを構築しているのです。
この取り組みは講師陣のモチベーションのアップへつながりますし、同時に全体的な講師の質を維持することにも有利に働くはずです。
また、この取り組みによってある一人の人気講師だけに需要が集中するということが起きにくいのです。根本的に生徒全員が同一レベルの質の高い教育を受けられやすいシステムとなっているため利用しやすいでしょう。

Categories: 未分類