地域や収入による教育格差の問題点を打ち破る

教育とテクノロジーの融合が格差を解消

バンザンは教育とテクノロジーを融合したEdTechによるオンライン家庭教師サービスを展開しています。
EdTechのオンライン家庭教師の特徴でありメリットは、地方でも都市部と同等のレベルの高い教育を受けることができる点でしょう。
特に限界集落や離島などではレベルの高い学習塾や勉強を教える人材も十分とはいえません。あったとしても、塾へ通うために自動車を使って何時間もかけて通う例も多いのです。
また、経済的な問題で質の高い教育を受ける機会を失うという問題も無視できません。
家庭が裕福であれば、塾などに通える経済的な余裕が生まれますし、難関大学に合格できれば就職できる企業や業種の選択肢が増えます。
結果、貧困による教育機会が失われるといった負の連鎖を断ち切ることができるのです。
バンザンなどが取り組むオンライン家庭教師は、そのような教育格差を解消するための選択肢となりえます。

教育格差は国全体の衰退にもつながりかねない

バンザンが提案するオンライン家庭教師は、教育格差を是正する助けにもなります。教育格差における影響は個々の子供や家庭に限られると捉えがちですが、長い目で見ると、日本という国の衰退にもつながる問題なのです。
たとえば教育の機会を失う人が多くなれば、正社員として雇用されにくい人も生まれます。結果、給与の少ないアルバイトや業種しか選択できない状況が生まれかねません。
そのことが税収や社会保険料という国の所得の減少につながれば、生活保護受給者が増え、社会保障給付が増加して財政を圧迫します。そうすれば国や企業の成長が停滞するなどの負の連鎖が起きかねません。
このような点を考えると、都市部や限られた一部の富裕層以外だけが十分な教育を受けられればよいというわけにはいかないのです。
バンザンが事業展開しているオンライン家庭教師サービスは、そのような悲劇的な未来を打破するための一助となりえます。バンザンのオンライン家庭教師なら、都市と地方関係なく質の高い教育を受けられるからです。

日本政府も動き出している教育とテクノロジーの融合

EdTechは一部の企業が自社の利益のためだけに取り組んでいるものでもありません。EdTechやオンライン家庭教師は日本政府も注目しており、経済産業省では「未来の教室とEdTech研究会」や「EdTech導入補助金」を打ち出し、文部科学省でも「EdTechを活用した教育改革推進プロジェクトチーム」などを発足して教育イノベーションに力を入れているのです。また、2020年までに1人1台のタブレットを配布する方針を打ち出しました。
バンザンは2017年からオンライン家庭教師サービスをはじめています。以降、オンライン家庭教師サービス利用者も増加傾向にあります。
バンザンのオンライン家庭教師の取り組みは第16回(2019年度)日本 eラーニングアワードで「EdTech特別部門賞」受賞しており、経済産業省 公式サイト『未来の教室』に結果の出るオンラインサービスとして掲載されています。

Categories: 未分類