要望に合わせた授業スタイル!マンツーマンからグループ授業にも対応

マンツーマンで集中できて聞きたいことも自由に聞ける

近くにいい塾などがなく家庭教師サービスを探している方に、バンザンのオンライン家庭教師サービスを選択肢のひとつにしてみるのはいかがでしょうか。
バンザンはEdTechを活用したオンライン家庭教師サービスを提供している会社です。
バンザンは元々訪問型家庭教師サービスで20年以上の歴史があります。オンライン家庭教師サービスにはその経験に基づいたノウハウが詰め込まれています。
また、マンツーマンだからこそのメリットもあります。学校や塾のグループ授業ではひとりの講師が指導するスタイルです。そのため生徒全員のフォローが十分にできない問題点があります。生徒の立場では「ひとりだけわからないのは恥ずかしい」という気持ちが生まれ質問できず、理解できないまま授業が進むこともあります。
バンザンのオンライン家庭教師ではマンツーマン指導もあり、生徒や両親の要望により選択できるようになっているのです。
講師の選定も生徒ひとりひとりの学力や状況に合わせ、その上でプランやスケジュールの作成をしています。そのため、講師の質や子供との相性が気になるという方でも利用しやすいでしょう。

リーズナブルな価格のグループサービスも用意

オンライン家庭教師に魅力を感じても授業料がネックとなって依頼をあきらめてしまうのは質の高い教育を受けるチャンスを逃すことにつながります。
そのような経済的問題に対し、バンザンが行っているオンライン家庭教師と比較して、リーズナブルな価格設定のグループサービスを設けています。
グループサービスでもオンライン家庭教師サービスという点は変わりませんし、指導するのもプロの家庭教師です。
また、グループサービスにはマンツーマンにないメリットもあります。そもそも結果を出すために重要となるのは、指導を受ける生徒自身のやる気です。
グループサービスでは一度に複数の生徒が授業を受けるため、お互いに「負けたくない」という気持ちが生まれます。生徒それぞれが刺激を受ければ、よりよい結果につながることが期待できるのです。

AO・推薦入試対策もオープン予定

バンザンではオンライン家庭教師の新しいサービスとして、AO・推薦入試対策サービスを展開する予定です。
AO・推薦入試は、単純に学力だけで合格、不合格を判断されるわけではないむずかしさがあります。そのため、学校や塾や家庭教師でも十分な対応ができていない現状があります。
AO・推薦では「大学ごとに求められる能力や試験内容が大きく異なる」点で、指導する側もAO・推薦の対策ができるプロフェッショナルが必要です。
バンザンではAO・推薦入試対策経験もあります。講師もAO・推薦入試に合格している人物を配置しており、受験経験者だからこその授業が期待できるのです。
同時にバンザンでは、大学や学部の傾向や対策も踏まえたグループディスカッション、面接、入試など、本番に近い環境を作り、1対5の少人数指導を実戦形式で実施しています。

[参考サイト]株式会社バンザンの中途採用・求人情報|転職エージェントならリクルートエージェント

Categories: 未分類

結果につながる理由は豊富な実績や講師陣の充実度

豊富な指導実績とプロの講師陣が指導

バンザンはEdTechによるオンライン家庭教師サービスの提供だけで注目されているわけではありません。オンライン家庭教師サービスをスタートする前から、通常の訪問家庭教師サービスで実績を積み重ねていたのです。
バンザンの設立年度は1995年、首都圏という受験激戦区でプロ家庭教師の派遣サービスからスタートしました。
それから20年以上経過した2020年現在、中学から大学、医大、理系や文系など幅広くカバーしています。
また、バンザンでは多くの講師が在籍しています。大学生のアルバイトではなく講師のプロを雇用しており、選択肢がたくさんあるのが特徴です。中には担当分野で勉強法などの書籍を出版している講師まで在籍しています。

生徒との相性もしっかりと考えたマッチング

「勉強を教えるだけだから、高学歴で実績があればいい」「オンラインで授業をするのだから講師の性格など関係ない」という考えもあります。
バンザンのオンライン家庭教師は、モニターを通じた授業です。しかし、教える講師と生徒という点では訪問家庭教師と変わりません。
授業で重要になるのは生徒が勉強に対してやる気を出すことです。モニターを通じたオンライン授業であっても講師と生徒の相性がよくなければ思うような結果は出ません。相性が悪いと授業内容がまったく耳に入らない、講師に信頼が持てず授業をさぼるなどの問題が出てくるからです。
バンザンでは、子供の性格や講師との相性、オンライン家庭教師の希望曜日や時間まで細かくヒアリングをした上でマッチングするシステムを採用しています。
相性がよければ授業への集中につながり、モチベーションアップも期待できるのです。

指導品質を高める多数の取り組みを実施

バンザンでは実績を出している講師の指導方法を全体で共有しています。「自分だけのテクニックだから他の講師には秘密にする」という体質にはなっていません。
バンザンという会社は、利益至上主義ではなく、顧客満足度を追求しています。そのため年齢や性別や在籍年数などに関係なく、結果を出せば公平に評価されるシステムを構築しているのです。
この取り組みは講師陣のモチベーションのアップへつながりますし、同時に全体的な講師の質を維持することにも有利に働くはずです。
また、この取り組みによってある一人の人気講師だけに需要が集中するということが起きにくいのです。根本的に生徒全員が同一レベルの質の高い教育を受けられやすいシステムとなっているため利用しやすいでしょう。

Categories: 未分類

地域や収入による教育格差の問題点を打ち破る

教育とテクノロジーの融合が格差を解消

バンザンは教育とテクノロジーを融合したEdTechによるオンライン家庭教師サービスを展開しています。
EdTechのオンライン家庭教師の特徴でありメリットは、地方でも都市部と同等のレベルの高い教育を受けることができる点でしょう。
特に限界集落や離島などではレベルの高い学習塾や勉強を教える人材も十分とはいえません。あったとしても、塾へ通うために自動車を使って何時間もかけて通う例も多いのです。
また、経済的な問題で質の高い教育を受ける機会を失うという問題も無視できません。
家庭が裕福であれば、塾などに通える経済的な余裕が生まれますし、難関大学に合格できれば就職できる企業や業種の選択肢が増えます。
結果、貧困による教育機会が失われるといった負の連鎖を断ち切ることができるのです。
バンザンなどが取り組むオンライン家庭教師は、そのような教育格差を解消するための選択肢となりえます。

教育格差は国全体の衰退にもつながりかねない

バンザンが提案するオンライン家庭教師は、教育格差を是正する助けにもなります。教育格差における影響は個々の子供や家庭に限られると捉えがちですが、長い目で見ると、日本という国の衰退にもつながる問題なのです。
たとえば教育の機会を失う人が多くなれば、正社員として雇用されにくい人も生まれます。結果、給与の少ないアルバイトや業種しか選択できない状況が生まれかねません。
そのことが税収や社会保険料という国の所得の減少につながれば、生活保護受給者が増え、社会保障給付が増加して財政を圧迫します。そうすれば国や企業の成長が停滞するなどの負の連鎖が起きかねません。
このような点を考えると、都市部や限られた一部の富裕層以外だけが十分な教育を受けられればよいというわけにはいかないのです。
バンザンが事業展開しているオンライン家庭教師サービスは、そのような悲劇的な未来を打破するための一助となりえます。バンザンのオンライン家庭教師なら、都市と地方関係なく質の高い教育を受けられるからです。

日本政府も動き出している教育とテクノロジーの融合

EdTechは一部の企業が自社の利益のためだけに取り組んでいるものでもありません。EdTechやオンライン家庭教師は日本政府も注目しており、経済産業省では「未来の教室とEdTech研究会」や「EdTech導入補助金」を打ち出し、文部科学省でも「EdTechを活用した教育改革推進プロジェクトチーム」などを発足して教育イノベーションに力を入れているのです。また、2020年までに1人1台のタブレットを配布する方針を打ち出しました。
バンザンは2017年からオンライン家庭教師サービスをはじめています。以降、オンライン家庭教師サービス利用者も増加傾向にあります。
バンザンのオンライン家庭教師の取り組みは第16回(2019年度)日本 eラーニングアワードで「EdTech特別部門賞」受賞しており、経済産業省 公式サイト『未来の教室』に結果の出るオンラインサービスとして掲載されています。

Categories: 未分類

オンラインLive教育だからこそ得られるメリット

都市部と地方の地域差に影響されない

都市部は多くの人が集まるため、必然的に質の高い教育を提供できる人材や塾や予備校などのサービスが充実します。結果、質の高い教育の機会を得た子供たちは、名のある私立や国立の学校に入学できる可能性が高まるのです。
一方の地方、特に離島や山奥などでは、学校だけが教育の場となることもありえます。
塾がない、あったとしても何時間もかけて通わなければならない距離にあるなら、体力的、精神的な負担は、都市部で塾に通う子供たちと比較しても大きくなりがちです。結果、教育機会と質という部分で不公平な状況が生まれてしまいます。
バンザンのオンライン家庭教師サービスは、都市部と地方の不公平を解消するツールのひとつとして期待できます。
EdTechという教育と科学の融合によるオンライン家庭教師サービスは、離島や山奥でも関係ありません。インターネット環境さえあれば成立するからです。

オンラインLive教育なら指導者の質に悩むこともない

バンザンのオンライン家庭教師は、指導者のレベルがある程度確保されていることでしょう。地方でも塾はありますが、一般的に山奥や離島ではその数が多くありません。
指導者の質の格差もあり、地元の国公立については非常に詳しいが、都市部の私立大学についての情報や知識をほとんど持っていない講師もいます。
他の塾に通いたくても自動車や電車に揺られる時間が4時間以上となれば、子供の勉强に対する集中力やモチベーションに悪影響を与えかねません。
その問題をEdTechが解消する助けになるのです。
バンザンではオンライン家庭教師というサービスを通じ、東京など都市部で受けられる質の高い授業と同レベルの授業を受けることが期待できます。
在籍する指導者の中には、本来東京にしかいないレベルのプロ講師もいます。
それがバンザンのオンライン家庭教師の強みといえるでしょう。

ストレスのない教育環境を提供

EdTechは従来の教育方法にテクノロジーが融合したものです。ITを利用したバンザンのオンライン家庭教師は「遠い塾まで通わなければならない」「家庭教師を家に呼ばないといけない」という問題の解消が期待できるのです。
また、レベルの高いプロの講師の教育を地方にいても、オンラインによって受けられるようになる点も無視できません。
バンザンのオンライン家庭教師は地域環境が要因でなかなか塾に通えない子供達の助けになる方法です。慣れ親しんだ自室であるのと同時に、リラックスできる部屋着で授業を受けることもできます。
また、録画動画によって勉強するスタイルでもなく、生徒が講師に自由に質問もできる、豊かなコミュニケーションを通じたLive指導をバンザンでは実現しているのです。

Categories: 未分類

目標を達成するための分析・プラン作成・エール

生徒の性格まで含めて把握する分析

EdTechは教育の方法を大きく変える、あるいは1つの有効な選択肢となるものです。ただし、講師と生徒という構図は変わりません。
勉强をする生徒は千差万別でそれぞれ個性を持っています。目標を達成するために、講師は生徒の性格まできちんと把握しなければなりません。それはオンライン家庭教師でも学校や塾での授業でもまったく変わらない点です。
バンザンのオンライン家庭教師は、生徒を把握するため分析という方法を採用しています。生徒の現状レベル、目標レベルはどの程度なのか、本人の性格や勉强に対するモチベーションをチェックするというものです。
オンライン家庭教師でも講師と生徒の間に信頼関係がなければ目標を達成するのはむずかしくなります。そのためバンザンは分析を行っているのです。

状況に応じた柔軟なプラン作成

生徒それぞれで状況は異なります。受験までの時間に余裕がある生徒もいれば、近くなって思うように結果が出ないため、なんとかレベルアップを図ろうとバンザンのオンライン家庭教師に依頼をしてくるなどさまざまです。
ただ、実際に勉强するのは生徒です。生徒の意欲が低ければ、バンザンではマンツーマンによる指導も提案しています。しかし、グループ指導と比較すると経済的な負担が大きくなることは否めません。
バンザンでは映像授業や過去問がある学習コンテンツ「スタディ・タウン」を開発しています。バンザンの講師陣による目的別、苦手分野の強化を目的とした映像授業です。オンライン家庭教師サービスなどと比較すると価格が低く抑えられているため利用しやすいサービスといえるでしょう。
バンザンでは、家庭の経済状況のことも踏まえたさまざまなプランを組んで目標達成をサポートする体制が整っているのです。

寄り添って心の支えになりエールを送り続ける

質の高い授業だとしても、単なる一方的な知識の伝達で終わるだけでは思うような結果が出ない場合があります。それは生徒の心を無視している点に問題があるのかもしれません。
生徒自身が全力を尽くしてテストに取り組んだとしても、思った以上の結果が出なければモチベーションは下がります。
日常で嫌なことがあれば、勉强に手が付かないことも珍しくありません。支えがないと受験までの期間や結果のプレッシャーにさらされ続けて心が折れてしまっても不思議ではないのです。
バンザンのオンライン家庭教師を利用した生徒に聞いたコミュニケーションに関するアンケートでは「オンラインの方がよい」と答えた生徒が40.0%、対面とほぼ変わらないと答えた生徒は51.4%にのぼりました。
「オンラインではコミュニケーションが取りづらく心まで支えるのはむずかしいのではないか?」という疑念を吹き飛ばす結果です。
バンザンはオンラインだとしても、結果が出るまで、心の支えになれるよう生徒にエールをかけ続けるのです。

Categories: 未分類